前回 / INDEXに戻る / 次回

【やぎでもわかる?免疫学】 第58回

2005年8月26日

薬をことわってもいいんですよ。

医者の先生に
「かぜですね。とりあえず抗生剤(抗生物質)を出しておきますか」
って言われると、必ずお断りします。

耐性菌や院内感染の主役MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)の問題以前に、
抗生剤を飲み続けると、食べ物を消化するために腸管に住みついている
細菌が死んでしまいます。

すると、体力がおちて、免疫力の低下にもつながるし。

なんしに医者にいってるのか、わけわかんない。

カゼのウイルスは数知れない種類があって、しかも常に突然変異を起こ
しているでしょ。

それぞれのウイルスに合う抗生剤を作ることからして不可能です。

肺炎、腎炎、膀胱炎や外傷による深刻な化膿など、
抗生剤が必要な時って、そりゃあるんですが、...

カゼの引きはじめじゃ、いらないんです。


前回 / INDEXに戻る / 次回