前回 / INDEXに戻る / 次回

【やぎでもわかる?免疫学】 第55回

2005年8月21日

胸焼けは、たたりじゃーーっ!

胃炎、胃潰瘍は、胃酸過多が原因じゃないって
http://yagies.noblog.net/blog/a/10059783.html
に書いてますが、

我が意をえたりと感動する事を書いた本を読みました。
(我が意と言っても、安保徹先生の受け売りですけどね)
新谷弘実(しんやひろみ)著「病気にならない生き方


新谷先生は、

「胃酸過多という考えは間違っている」とおっしゃる。

  胃酸が出過ぎると言うことは実際にはない。

  胃酸は健康の維持のために必要だから出ている。

  胸焼けだから、胃酸過多で、胃酸を抑える制酸剤を
  むやみに与えることは間違っている。

  胸焼けは、胃酸が食道に逆流して、もともとアルカリ性の
  食道は酸に弱いので、胃酸が食道を傷つけることによっておこる。

  逆流するのを防ぐには、タバコ、酒、コーヒーなどの刺激物を避ける。

  また、食事を寝る4〜5時間前に済ませ、胃を空っぽにして寝ると
  胃酸は逆流しない。


胃薬をむやみに飲んで、胃酸の酸を弱めると、酸に弱い常在菌のピロリ菌
が繁殖してしまうなど弊害が多くなります。

なお、抗生物質でピロリ菌を除去すると、不思議に胃炎がなくなるのです
が、これについては、新谷先生も「わけがわからない」そうですね。


まっ、胸焼けは、前日の無理がたたったわけですから、要注意の信号だと
受け止めてください。


前回 / INDEXに戻る / 次回