前回 / INDEXに戻る / 次回

【やぎでもわかる?免疫学】 第41回

2004年08月04日

気がつかない内に、ステロイドに...!

 8月2日の夕方、男性のお客様がご来店になりました。
 私(マスター八木)との会話です。


 お客さま:あのー、よく眠れるクスリがほしいんです。


 マスター:睡眠導入剤は、処方箋が必要だしーー。


 お客さま:寝付けないというより、3時間ぐらいしたら
      目がさめちゃうんです。


 マスター:ああ、眠りの質が良くないのでしたら、
      ホスロールと言って、漢方系の不眠のクスリがあります。
       http://www.yagies.com/shop/02/002/


 お客さま:んーん、試してみようかな。
 


 マスター:ところで、

      すぐ目がさめるようになったのは、いつからですか?


 お客さま:前から、よく眠れない体質でしたが、
      この、一ヶ月は特にひどいんです。


 マスター:ホーッ、聞いていいですか??


 お客さま:はい。


 マスター:ひょっとして、この一ヶ月に、皮膚科に行ってクスリを
      もらって使っていませんか??


 お客さま:よく、お分かりですね。

      皮膚科に行ってますし、クスリも毎日ぬっています。


 マスター:そのクスリの名前はわかりますか??


 お客さま:今、持っていないから、...。


 マスター:どうやら、ステロイドホルモンが入っているやつじゃ
      ないですかね。


 お客さま:そうだと、思います。


 マスター:ステロイドホルモンは副腎皮質から分泌されるホルモンで、
      朝、目がさめる前に分泌されて、目を覚まし、
      行動を起こさせる働きがあります。

      ステロイドホルモン薬を、のんだり、塗ったり、吸入すること
      によって、体内のステロイドホルモンの分泌作業に影響を与え
      ます。

      ですから、

      まだ夜が明けてないのに、体内時計のリズムが狂って、
      ステロイドホルモンが分泌され、早く目がさめてしまう
      のですよ。


 お客さま:それじゃぁーー??


 マスター:そのとおり、塗り薬を止めれば、良く眠れる様になります。


前回 / INDEXに戻る / 次回