前回 / INDEXに戻る / 次回

【やぎでもわかる?免疫学】 第27回

2004年04月20日

椎間板ヘルニア<ストレッチで楽々>

 インターネットショップの店長さんも、生身の人間ですから、健康に関し
 てのお悩みをお持ちです。


 4月17日の土曜日にインターネットショップの店長さんを対象にセミナ
 ーがありました。私は、町内会の行事と重なって、セミナーには出られま
 せんでしたが、その後の懇親会に、参加させてもらいました。


 懇親会の帰り道に「八木さんですか?」と後ろから声をかけられて、振り
 向くと、はじめてお見受けするお顔。きょとんとしていると「●●のAで
 す」とご自分でお名乗りでした。


 メールでは何度も話した事があるAさんです。お会いするのははじめてで
 す。これが、インターネットの特徴ですね。


 Aさんは、椎間板ヘルニアで、切るところまで行かないのですが、時々激
 痛が彼を襲うそうです。そう言えば、良いコルセットがないかと、聞かれ
 ていたのをすっかり忘れておりました。


 A さん:それはそうと、良いコルセットはないですかねぇー。


 マスター:あっ、ごめんなさい。そのお返事をするのを忘れていました。


 A さん:どういたしまして。時々痛むものですから。


 マスター:サポーターやコルセットは、血行を悪くするので、止したほう
      が良いんです。


 A さん:そのような事をメルマガに書いてましたねー。


 マスター:はい。あ、そうそう、昨日買った本に、椎間板ヘルニアの事が
      書いてあったので、次の「やぎでもわかる?免疫学」で書きま
      すから、読んで実行してみてください。

      椎間板ヘルニアの原因も他の腰痛と同じ、筋力不足です。
      運動療法で治るそうですよ。


 A さん:へー、それは楽しみです。


 その本とは「薬をやめると病気は治る」安保徹、マキノ出版、の事です。
 薬屋が真っ青になるような題名ですが、これはヤギ薬局の路線と同じです
 から、大変共感を覚えます。


 なんせ、ヤギ薬局のトップページにある看板に「薬ばかりにたよっちゃダ
 メ」とはっきり書いていますものね。


 その本に、長野県佐久にある水嶋クリニック院長水嶋丈雄先生が、現代療
 法の薬を使わないで椎間板ヘルニアを治療する方法について書いていらっ
 しゃいます。


 背骨は一本の骨で出来ているわけじゃなく、椎対(ついたい=椎骨)と呼
 ばれる骨がいくつもつながって出来ています。そのついたい椎対と椎対の
 間にクッションとして軟骨があります。それが、椎間板です。


 椎間板の中心は髄核(ずいかく)と呼ばれるゼラチン様の軟らかい組織か
 らなり、周囲を線維輪(せんいりん)と言う強い組織で包まれています。


 椎間板が頑丈で弾力性に富む構造になっているおかげで、背骨は重力に耐
 えながら、曲げたり伸ばしたりの動作が可能なのです。


 椎間板が傷つくと、線維輪から髄核の一部がはみ出して神経を圧迫し、腰
 痛とともに下肢のしびれや痛みが生じます。それが椎間板ヘルニアです。


 椎間板ヘルニアは背骨のどこでも起こりうるのですが、頻発するのは、腰
 椎の4番と5番の間か、5番目の腰椎とその下の仙骨(せんこつ=おしり
 の骨)との間です。


 治療で一番大事なことは、腰の部位の血流を回復させることです。血流が
 回復すると、からだが自分で痛んだ箇所を修復します。コルセットは血流
 を妨げるので、その着用は禁物です。


 急性期のもっとも痛みが激しい時は、自宅で静養してください。


 痛みは、からだが治療を行っている証拠で、それを消炎鎮痛剤でとると、
 治療行為を中断させてしまいます。


 そこで、水嶋先生は、少し痛みが落ち着いてきたら、漢方薬とハリ治療で
 を使って血流を促進させて治療なさるそうです。


 そして、ヘルニア治療の中心は、リハビリです。


 痛みが、急性期の半分ぐらいになれば、筋力トレーニングをスタートしま
 す。無理のない範囲で筋肉を動かしていくことで、少しずつ筋肉に強さが
 戻り、血流もよくなります。


 再発を予防するには、ふだんの姿勢も大切です。腰の筋肉は縦に、背骨と
 平行に走っています。そのため、体を横に動かすと、筋肉に負担がかかっ
 て痛みが悪化したり、再発したりします。


 そこで、いつも体を縦に動かす様に意識してください。たとえば、拭き掃
 除であれば、手を左右ではなく前後に動かします。ぞうきんを絞るときも
 、手を上下にして縦に絞ります。


 布団を上げ下ろしする際は、足を横に広げないで前後に開きます。台所の
 調味料は横に並べないで、縦に並べると、手も縦方向に動くようになリま
 す。


 【ヘルニア改善ストレッチ】


 水嶋先生ご推薦のストレッチで、ヘルニアを引っ込める効果、股関節(こ
 かんせつ)を柔らかくする効果があります。


 1)手足を伸ばして床にあおむけに寝ます。

 2)右のひざに左手をそえて左にひねり、上半身を顔ごと右にねじって息
   を吐きながら20秒間キープします。


   このとき、右わき腹がぐんと伸びるのがわかるはずです。両肩が上が
   らないように注意しましょう。


   左右を替えて、それぞれ1〜2回行います。1日2度程度行いましょ
   う。


 ▼↓ヘルニア改善ストレッチのページ↓▼
  http://www.yagies.com/pharmacy/hernia/


 追伸。スタッフのフーちゃん@腰痛持ちが、

    マスターこのヘルニア改善ストレッチはすごく気持ちいいですよ。
    私、毎日やっています (^_^;

    と、ニコニコして語ってくれました。


   参考文献:「薬をやめると病気は治る」安保徹、マキノ出版、1500円



前回 / INDEXに戻る / 次回